うちやまる日記~アメリカ・ミシガン在住主婦の日常~

夫の海外駐在で2022年~ミシガン州に移住。アメリカで専業主婦やってます。

【ミシガン州・カラマズー】日帰り観光におすすめのスポット紹介

こんにちは、アメリカ在住の はる(@uchiyamaru0914) です。

 

前回の記事ではミシガン州カラマズーのクラフトビール醸造所ベルズ・ブリュワリーを紹介しました。

今回の記事ではそれ以外にカラマズーで訪れたスポットを紹介します。

ミシガン州に住んでいる方は、週末のプチトリップの目的地にいかがでしょうか?

前回の記事はこちら

uchiyamaru.hatenablog.com

カラマズーの基本情報

前回の記事と重複する部分もありますが、カラマズーの街の基本情報です。

カラマズーはミシガン州の南西部にある都市で人口は約7.4万人(2020年)です。

引用:Wikipedia

デトロイトの市街地からは車で約2時間半の距離に位置します。

カラマズーの有名な産業といえば、ギター製造

ギターメーカーとして有名なギブソンの創業地は、ここカラマズーなんです。

残念ながら現在ギブソンの本社はテネシー州ナッシュビル(テイラー・スイフトが歌手としてのキャリアをスタートしたカントリーミュージックの街!)に移転してしまいカラマズーにはありません。

しかし移転の時、ナッシュビルに移らなかったギブソンの職人たちを中心に「ヘリテージ・ギターズ」という会社ができ、現在もカラマズーでギターの製造が続けられています。

その他カラマズーの主要な産業には、工業では製紙医療機器の製造、農業ではセロリの生産があります。

ダウンタウン

カラマズーのダウンタウンは歩いて回れる広さなので、これからの季節は訪れるのにちょうどいい場所です。

レストランやショップ、シアターなどがありました。

ダウンタウンの地図

駐車場

ダウンタウンの駐車場はメーターパーキングの路上駐車であれば週末は無料です。車で訪れても駐車場所には困りません。路上駐車が嫌な場合は、有料ですが、市営の駐車場もあるようです。

参考までに、私達はブロンソン・パークの道沿いに駐車しました。

駐車した場所とパーキングメーター

パーキングメーターにも

FREE PARKING - 5:00PM FRIDAY UNTIL 8:00AM MONDAY
(駐車無料 金曜午後5:00〜月曜午前8:00)

と書いてあったので安心でした。

目の前には立派な教会があり、路上駐車でもそこまで物騒な感じはしませんでした。

ダウンタウンの中心にあるレストランの前などは90分制限の看板があったので、表示をよく確認から駐車してくださいね。

【駄菓子屋】ロケット・フィズ(Rocket Fizz - Soda Pop and Candy Shop)

ダウンタウンには、英語で書かれたブログでおすすめされていたロケット・フィズというお菓子のお店があったので行ってみました。

店舗の目印はこの看板。入口の前ではロボットくんが出迎えてくれます。

アメリカンでポップな店内ですが、日本の駄菓子屋みたいな場所です。

子供のときに駄菓子屋を訪れたワクワク感を思い出します。

炭酸飲料コーナーもオールドアメリカンな感じがいいですね

ずらりと並ぶアメ、これぞ駄菓子屋!な光景です。

こちらのアメは量り売りで、大きな袋で10.99ドル、小さな袋で8.99ドルでした。

他にも日本でよく見かける明治のメルティーキッスのアメリカ版もありました。

商品名が違うんですね!びっくり!

カラマズーバレー・ミュージアム

カラマズーバレー・ミュージアム(Kalamazoo Valley Museum)は地元カラマズーの歴史・産業・文化を中心に紹介する博物館です。

3階建ての博物館

こんな立派な博物館ですが、入場料はいつでも無料!お財布に優しい博物館です。

でも入場無料と言っても、あなどるなかれ!

展示は豊富で、見せ方も上手です。有料と言われても驚かないレベルです。

 

カラマズーの特産品や歴史を紹介するエリアや、

昔の日用品店の再現エリア

お子様連れも楽しめそうな体験型のコーナーもありました。

その他にはスペースは少ないですが、エジプト関連の展示もあり、ミイラがあったり、別料金ですが、プラネタリウムもありました。

家族で楽しめる博物館だと思うので、カラマズーに訪れた際はぜひ行ってみてください。

入場料・営業時間
  • 入場料…無料
  • 営業時間…
      火〜土:10:00-16:00
      日     :12:00-16:00
  • 駐車場…
      博物館隣の駐車場(有料)、
      市営の路上駐車(有料、ただし週末は無料)
            詳細(公式HP)

公式HPはこちら

https://kalamazoomuseum.org/

カラマズーリバー・トレイル

天気が良ければカラマズー川沿いのリバー・トレイルもおすすめです。

メイヤーズ・リバーフロント・パークに車を停めて、少しだけ歩いてみました。

日本の川と違って、穏やかな流れの川で、ゆったりと散歩を楽しめます。

駐車した公園には野球場もあり、地元チームのホームスタジアムのようです。

【番外編】バトルクリーク

カラマズーに行く途中、バトルクリークという街にも寄り道してみました。

この街、シリアルで有名なケロッグが創設された場所なんです。

観光地という場所ではないですが、せっかくなのでケロッグの工場と本社を見てきました。

ケロッグ工場

工場の前の道で窓を開けてみると、甘い香りが。シリアルを作る匂いでしょうか?

ちょっとほっこりした気分になれます。

ケロッグ本社

中に入れるわけではないので、外から見ただけですが立派な建物でした。

少し前にAmazon primeでケロッグの歴史も紹介されていた「ザ・フード」という番組を見たので、ちょっと感慨深い気持ちに…。アメリカの国民食にもなっているような有名な食品メーカーとアメリカの歩んできた歴史がわかるおすすめの番組です。

よかったら見てみてください!

まとめ:ミシガンに住んでたら1度は行ってみて!

カラマズーは遠くからわざわざ訪れるような街ではないかもしれないけれど、デトロイト近郊に住んでいるなら1度は訪れる価値のある街かな、と思います。

アメリカの小さな街のダウンタウンはどこも似ている雰囲気ですが、きれいでおしゃれな建物が多いので旅行気分を味わえます。

ベルズブリュワリーの醸造所ツアーとともに、今回紹介したスポットにもぜひ行ってみてください。

ではまた〜

ベルズブリュワリーの醸造所ツアーの記事はこちら

uchiyamaru.hatenablog.com

Youtubeチャンネルもやってます。ぜひ見てね!

www.youtube.com

【ミシガン州・カラマズー】ビール好き必見!ベルズ・ブリュワリー醸造所見学ツアー

こんにちは、アメリカ在住の はる(@uchiyamaru0914) です。

ミシガン州カラマズーにはクラフトビールで有名なベルズ・ブリュワリーの醸造所があります。

醸造所見学ツアーに参加してきたので、今回の記事で紹介します。

ベルズ・ブリュワリーとは

ベルズ・ブリュワリー(Bell's Brewery)はミシガン州に拠点を置く1985年創業のクラフトビールメーカーです。ミシガン州のカラマズーという街がその人気ビールメーカーの創業の地です。

カラマズーのダウンタウンには自家醸造所が、そして量産用の工場がカラマズーの隣町・コムストック(車で15分ほど距離)にあります。

カラマズー・街の基本情報
  • ミシガン州の南西部にある都市で人口は約7.4万人(2020年)
  • デトロイトの市街地からは車で約2時間半の距離にある街

引用:Wikipedia

ベルズ・ブリュワリーの人気商品にはトゥー・ハーテッド・IPA(Two Hearted IPA)オベロン・エール(Oberon Ale)があります。

引用:ベルズ・ブリュワリー公式HP

トゥー・ハーテッド・IPAは2017年にはアメリカ自家醸造家協会によって行われた国内ベストビールのNo.1にも選ばれたアメリカ全土で人気を誇るビールです。

ベルズ・ブリュワリー公式HPはこちら

https://bellsbeer.com/

醸造所見学ツアー

ツアーの種類

今回私たちは、カラマズーの見学ツアーに参加しました。

カラマズーには小さな醸造所ショップ、そしてビールと食事を楽しめるカフェがあります。

コムストックの工場でも見学ツアーが行われていて、全部で3種類の見学ツアーが用意されています。(2024年5月現在)

ベルズ・ブリュワリー見学ツアー

※全ツアービールの試飲あり・21歳以上のみ参加可能

    1. ダウンタウン醸造所ツアー
       ツアー料金…無料
       所要時間…約45分
       
    2. コムストック醸造所ツアー
       ツアー料金…8ドル
       所要時間…約1時間
       
    3. コムストック醸造所の舞台裏ツアー
       ツアー料金…25ドル
       所要時間…約1時間45分

ビール工場の見学と言ったら、試飲がメインのお楽しみですよね!どのツアーに参加しても試飲を楽しむことができます

またコムストックの工場では量産用の生産ラインを見ることができるので、工場見学好きな人におすすめです。

引用:ベルズ・ブリュワリー公式HP

ただし、全ツアーゲストは21歳以上である必要があるので、子供連れでは参加できないのでご注意ください。

集合場所

ここからはダウンタウン醸造所ツアーの流れを紹介していきます。

ツアーのスタートはカフェ(エキセントリック・カフェ)から始まります。

壁の案内に従い、カフェ入口に到着

中に入ると、レンガ造りのおしゃれな空間が。

奥から入口側を撮影

ここがツアーの集合場所です。

集合場所はこの看板

集合場所付近には、ツアー参加者以外に食事を楽しむお客さんもいて、ツアー参加者と一般客の見分けがつきにくいです。

私達と同じ回のツアー参加予定者が、始まる前に近くでビールを飲み始めていて、ツアーに参加できず、次の回になっていました。(なぜかガイドさんもツアー客も声をかけなかったようです…)

ガイドのスタッフさんも大きな声でツアー開始の声掛けするわけではなさそうなので、この席に座る人が来たら、自ら声を掛けることをおすすめします。

ツアー開始!

ツアーが始まると、集合したロビーで1杯目の試飲のビールをいただきながら、ベルズ・ブリュワリーの歴史を教えてもらいます。

頑張って聞いていましたが、流暢な英語なので3割くらいしかわかりません…涙

私は帰り道の運転担当なので、飲みませんでしたが乾杯のフリだけ…
夫が2杯ずつ飲みました!笑

続いて、2杯目の試飲ビールをもらいそれを持ちながら自家醸造所に移動。

ビール造りの工程を教えてもらいます。麦芽、水、ホップにこだわって作られています。

その後、隣の部屋に移動して、樽詰めの説明を聞きます。

最後はバースペースでお好きなビールを

ツアーの最後にはショップに移動して、バースペースに案内されました。

3杯目の試飲は、壁にかかっているメニューの中から好きなビールを選ばせてくれるという素敵なプレゼント。

珍しいビールが多く、ここでしか飲めない種類もあるみたいです。

ビール好きな夫は普段スーパーで見かけないビールを、ということでメニュー右側にある

  • Black note(アルコール11.4%)
  • Orange Vanilla Expo Staut(アルコール13.3%)

を選びました。

手前がOrange Vanilla、奥がBlack note

ベルズ・ブリュワリーのビール造りのこだわりを教えてもらった上で、作りたてで美味しいビールが3杯もいただけて、大満足なツアーでした。

スーパーでは売っていない珍しいビールが飲めるのも嬉しいですよね。

ビール好きはぜひ訪れてみてください!!

ツアーの予約はこちらから

tours.bellsbeer.com

カフェとショップ

ツアーに参加できなくても、カフェやショップだけでも訪れる価値アリです!

食事を楽しんだり、お土産を買って自宅で楽しむのもおすすめです。

エキセントリック・カフェ

併設されているカフェでは食事が楽しめます。

土曜日の15時頃はツアー参加者以外にもたくさんの食事客がいて、大繁盛でした。

店内の雰囲気も素敵です

この醸造所で作られたビールを楽しむことができます。

時期により製造しているビールが変わるので、何があるかはその時次第

手書きのメニューがそのタイミングで飲める時期限定のビールだと思います。

ショップ

ショップでは作りたてのクラフトビールはもちろん、ベルズ・ブリュワリーのロゴが入ったグッズを買うことができます。ミシガンのお土産にもぴったりです。

アパレル系も種類豊富

ショップの方でも購入できるクラフトビールは訪れるタイミング次第。

手書きのラベルのビールは、ショップのバーカウンターで缶に詰められたばかりの新鮮なビールです。

バースペースのビールサーバーから直接缶に詰めて冷蔵庫に並べていました。

左の店員さんが今から缶にビールを詰めるところです

ここでしか買えない手書きラベルのビールたち

ぜひ、普段は味わえないレアな種類を見つけて楽しんでみてください!

まとめ

ミシガン州が誇る地元クラフトビール、ベルズ・ブリュワリー

スーパーでは買えない珍しい種類にチャレンジできるのは、ビール好きにとって至福ではないでしょうか?!さらに見学ツアーに参加することで、普段スーパーで買うときも愛着が湧いてしまいそうです。

せっかくミシガン州に来たら、ぜひここを訪れて、出来立てのビールを味わってみてください!

 

ではまた〜

Youtubeチャンネルもやってます。ぜひ見てね!

www.youtube.com

【振り返り】渡米2年の振り返り

こんにちは、アメリカ在住の はる(@uchiyamaru0914) です。

今月22日で、私が2022年4月に渡米してから丸2年が経ちました。

節目ごとにアメリカ生活の振り返りをして、思い出やその時の気持ちを残しておこうと思います。

前回は昨年10月に書いたので、今回の記事では2023年11月〜2024年4月の半年をメインにこの1年を振り返ります。

旅行

我々夫婦のアメリカ生活での一番の楽しみは旅行

アメリカに住んでいる今は、日本からは行きにくい場所に行くことができるこの貴重な時間です。日本にいたとき以上にたくさん旅行をしています。

ここ半年の旅行記録
  • 11月
    シャーロッツビル・シェナンドー国立公園・ワシントンDC
  • 12月
    サンフランシスコ
    一時帰国(大阪・浜松・名古屋)
  • 1月
    シアトル
  • ミシガン州内プチトリップ(2〜4月)
    サギノー、カラマズー

それぞれ写真とともに簡単に紹介します。

【23年11月】シャーロッツビル・シェナンドー国立公園・ワシントンDC

11月のサンクスギビングには、バージニア州をメインにその周辺を旅しました。

一番の目的はシャーロッツビルで、世界遺産であるモンティチェロ(アメリカ第3代目大統領 トーマス・ジェファーソンの邸宅)とバージニア大学を見ることです。

モンティチェロ

モンティチェロではツアーに参加して、邸宅内を見学。

この美しい邸宅はトーマス・ジェファーソン本人によって設計されたものです。多才な人だったんですね。

バージニア大学

有名大学のバージニア大学もトーマス・ジェファーソンゆかりの場所です。彼によって創立され、モンティチェロとともに世界遺産に登録されています。

こちらのロタンダもジェファーソンによって設計されたバージニア大学で最も有名な建築物です。

バージニア大学のシンボルです

シェナンドー国立公園

公園の南側の入口がシャーロッツビルのすぐ近くなのでシェナンドー国立公園にも訪れました。北側の入口はワシントンDCから車で1時間半ほどの距離です。

アパラチア山脈に沿った南北に長い公園で、スカイドライブという道は美しい紅葉が見られることで有名です。しかしその長さはなんと、北端から南端まで105マイル。ドライブするだけでも2時間もかかる距離です。

公園マップ

スカイドライブにはビューポイントがたくさんあり、山の風景を楽しむことができます。ただ、あまりにもポイントがありすぎて、そのうち飽きてきます…笑

紅葉が終わったあとだったのが残念。毎年見頃は10月下旬だそうです。

ひたすらこんな感じ

ワシントンDC&スミソニアン国立航空宇宙博物館別館

シェナンドー国立公園からそれなりに近かったので、ワシントンDCにも寄りました。2回目の訪問ですが、前回1日だけの訪問ではとても回りきれない場所なのでまだまだ楽しめます。

前回、チケットをゲットできなかったワシントン記念塔も当日の朝、並んで当日券をゲット。展望台に登ることができました。

西側の景色
リンカーン・メモリアルが見えます

それ以外にはスミソニアン博物館で予約が必要な人気のある2つの博物館も見ることが出来ました。

アフリカンアメリカ人歴史文化博物館

オバマ元大統領の展示もあります

スミソニアン国立航空宇宙博物館

宇宙の展示が人気でした

スティーブン・F・ユードバー・ハジーセンター

ワシントンDCから1時間ほど離れたスミソニアン国立航空宇宙博物館の別館であるスティーブン・F・ユードバー・ハジーセンターにも行ってきました。

広島に原爆を落とした航空機エノラ・ゲイも展示されています。

【23年12月】サンフランシスコ

サンフランシスコは一時帰国のついでにトランジットで立ち寄り半日だけ観光。歩いて街の雰囲気を見る感じでしたが、西海岸の開放的な雰囲気を楽しめました。

サンフランシスコの有名どころは一通り見てきた

サンフランシスコ観光は動画で紹介しています

youtu.be

【23年12月】一時帰国(大阪・名古屋・浜松)

2年弱ぶりの日本。

渡米前に住んでいたのは東京ですが、親戚が東海に住んでいるので、大阪を拠点に約3週間のんびり遊んで過ごしました。

ごはんが美味しくて本当に楽しかった!!

【24年1月】シアトル

一時帰国の帰り道もトランジットでシアトルに寄り道。こちらはほぼ日が暮れてからの観光になってしまったけど、スタバの1号店やアマゾン本社のスフィアを見ることも出来て満足。

シアトルのランドマーク「スペース・ニードル」

ミシガン州内プチトリップ

カラマズー

カラマズーはもともとギブソンのギターが生産されていた場所として有名です。今はナッシュビルに工場が移ってしまいましたが、博物館ではギター作りの街として紹介されていました。

カラマズーを訪れたメインの目的はミシガン州のクラフトビール、ベルズ・ブリュワリーの見学ツアー。

私は帰り道の運転担当なので、試飲はしませんでしたが、ビール好きの夫がとても楽しんでいたのでよかったです!ダウンタウンのツアーは無料ですが、3種類も試飲させてもらえます。

二人で乾杯に見せかけて、すべて夫が飲みました(笑)

ツアーの最後には壁にかかっているメニューの中から好きなビールを選ばせてくれるという素敵なプレゼントも。珍しいビールが多く、ここでしか飲めない種類もあるみたいです。

併設されているカフェでは食事もできます。土曜日の15時頃は大繁盛でした。

ちなみにコムストックという近くの街には量産の工場もあり、そちらにも工場ツアーがあります。そのツアーは有料のようですが、ツアー時間も少し長めで、本格的なビール工場を見られるようなので、また時間があったらそっちに参加してみるのも良さそうです。

サギノー

こちらは以前のブログで紹介しているのでその記事を貼り付けておきます。

サギノーはこちらで記事にしています。

uchiyamaru.hatenablog.com

旅行記としてまとめないと、と思いつつ、11月旅行に至っては、もう半年近く放置中ですね…。

英語学習

昨年4月下旬に本腰を入れて、アプリでの英語学習をスタートして、あっという間に1年経ちました。

利用していた有料アプリ
  • abceed(TOEIC・英検対策アプリ)
  • LingoChamp(AIとの英会話レッスンアプリ)

LingoChampはまさかの1年契約が終わる1ヶ月前にサービスが終了してしまうというハプニングがありつつ、平日は毎日英語の勉強をすることが普通、という状態にはなりました。

詳細はこちらの記事で書いています。

uchiyamaru.hatenablog.com

abceedというアプリではTOEICの点数を予測してくれる模試を受けることができるのですが、ここ最近は860点を目標にして頑張っていたけど、最後に受けた模試でピッタリその点数を取ることが出来ました!!うれしい!!

せっかく勉強を頑張ってきたので、日本に帰ったら公式の試験を受けてちゃんと点数が証明できるようにしたいと思っています。

でもしばらくは、TOEIC対策というよりはもう少し広い目線で英語勉強を続けたいなと考えています。

運転免許更新

手続き関係の話だと、1月にミシガン州の運転免許を更新しました。

夫の免許の更新期限が1月下旬だったので、そのタイミングで私も一緒に更新してきました。

日本と違い、アメリカの場合(州ごとに違うかもしれないので、”ミシガンの場合”かも?)、残り期限が1年未満であれば更新手続きが可能です。

パスポート、アメリカのビザなど在留できる証明とI-94、現在の免許を持って免許センター的な場所であるSOSという場所に行けばOKでした。日本の免許更新のように、安全講習などはなく、視力検査と手数料を支払って、写真を撮影するだけでした。

外国人の場合は、I-94というものの期限と同じタイミングが次の期限となるため、予定通りの任期で本帰国となれば、今回発行した免許で最後までアメリカ生活を終えることができる予定です。ちなみにアメリカ人の場合は、4年間有効らしいです。

おわりに:本帰国までの時間を大切に

我が家の駐在任期は3年の予定なので、もうアメリカ生活も1年を切りました。

最後の年も健康や安全は第一に、めいいっぱい楽しんで日本に帰りたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ではまた〜!

 

Youtubeもやっています。こちらからぜひ見てみてください。

www.youtube.com